Opening Talk

オープニングトーク / レセプションパーティー

畠中実(ICC主任学芸員)

ゲストに「OPEN SITE2017-2018」公募審査員である畠中実さんをお迎えし、オープニングトークをします。同時開催のキム・ウジン「ブレイブ・ニュー・エクササイズ 記憶された運動」展の講評後、「不純物と免疫」展の講評があります。本トークイベントについては、日英逐次通訳があります。
また、講評後、迎によるパフォーマンス、レセプションパーティーも開催されます。ぜひご参加ください。

日時 10月15日[日]15:00-16:30
会場 トーキョーアーツアンドスペース本郷
お問い合わせ info@impurityimmunity.jp
  • 畠中実

  • HATANAKA Minoru
  • ICC主任学芸員

1968年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 主任学芸員。多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。1996年の開館準備よりICCに携わる。主な企画には「サウンド・アート——音というメディア」(2000年)、「サウンディング・スペース」(2003年)、「サイレント・ダイアローグ」(2007年)、「可能世界空間論」(2010年)、「みえないちから」(2010年)、「[インターネット アート これから]—ポスト・インターネットのリアリティ」(2012年)、「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きのポエティクス/ストラクチャー」(2017年)など。ダムタイプ(2002年)、明和電機(2004年)、ローリー・アンダーソン(2005年)、八谷和彦(2006年)、ライゾマティクス(2013年)、磯崎新(2013年)、大友良英(2014年)、ジョン・ウッド&ポール・ハリソン(2015年)といった作家の個展企画も行なっている。ほか、美術および音楽批評。

  • トーキョーアーツアンドスペース本郷
  • 東京都文京区本郷2-4-16