Curatorial Conversation #1

展覧会技術100本ノック!

成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員) / 長谷川新

成相肇さんと「展覧会技術」が書かれた紙を壁に貼り出していき、交互に気になった「技術」を挙げながら話し合っていきます。

日時 10月21日[土]17:00-19:00
会場 トーキョーアーツアンドスペース本郷
定員 50名
お問い合わせ info@impurityimmunity.jp
  • 成相肇

  • NARIAI Hajime

1979年島根県生まれ。一橋大学言語社会研究科修了。2005年より府中市美術館学芸員、2012年から現職。主な企画展に「石子順造的世界—美術発・マンガ経由・キッチュ行」(2011-12年、府中市美術館)、「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン「遠く」へ行きたい」(2014年、東京ステーションギャラリー)、「パロディ、二重の声—日本の1970年代前後左右」(2016-17年、同)など。

  • 長谷川新

  • HASEGAWA Arata
  • インディペンデント・キュレーター

1988年生まれ。インディペンデント・キュレーター。京都大学総合人間学部卒業。専攻は文化人類学。2013-2014年に大阪、東京、金沢を巡回した展覧会「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI -交錯する現在-」チーフキュレーター。主な企画に「無人島にて——「80年代」の彫刻 / 立体 / インスタレーション」(2014年)、「パレ・ド・キョート / 現実のたてる音」(2015年)、「クロニクル、クロニクル!」(2016–2017年)など。松戸市のアーティストインレジデンス「PARADISE AIR」2017年度ゲストキュレーター。美術手帖年間月評連載中。

  • トーキョーアーツアンドスペース本郷
  • 東京都文京区本郷2-4-16